どうも。

いつものとおり、はてしなくおっさんです。


さて今回は、私が糖質制限ダイエットに出会ったきっかけについて、
少し語って見ようかと思います。




三十路を過ぎた頃からでしょうか、
体重やらお腹のでっぱりやらが気になって来てはいたんですが、
それにプラスして、日中の妙なだるさや眠気、
異常なほどのやる気のなさ、さらには、意味もなくイライラする
なんてことが当たり前になっていて、
なんというか、少し前までは
ちょっと精神的にも弱っているような状態だったんですね。

なもんだから、

もしかしてコレ、軽度のうつ的なものかしら・・・。

なんて、ガラにもなく悩んでいたんです。

まあ、そもそも基本夜型人間なんで、
夜更かししすぎて睡眠不足気味だったことも
多少関係あったのかも知れませんけど。


で、まあそんな症状を元に調べてみたところ、
まず引っかかったのが「低血糖症」というキーワード。

知ってます?低血糖症。

なんでも、血糖値が正常よりも低い状態になり、
そのために脳のエネルギー代謝を維持できなくなった結果、
日中の眠気や疲労感、集中力の低下などが起こったり、
理由もなくイライラする、あるいは血糖値が下がったことで
極端に甘いものが欲しくなったり
場合によってはうつのような精神状態になることもある
といった症状のことだそうです。

で、なんで血糖値が極端に低くなるかというと、
じつはこれ、甘いものなどを摂取して急激に上昇した血糖値を
大量のインスリンを分泌して一気に下げた結果なんです。

うつのような症状が現れる場合もあるということですので、
もしも甘いものが大好きな方で、上記のような症状があり、
自分をうつっぽいと思っている人は、
まずは低血糖も疑ったほうがよいかもしれませんよ。
(※お医者さまに頼ることもお忘れなく・・・)

で、まあ私の場合は、以前もご紹介したとおり、
糖分大好きっ子(※注:おっさんです)なわけでして、
暑い日なんかもお茶よりかはコーラ、サイダー類など
あまーい炭酸飲料を好む、まさしくペットボトル症候群の一歩手前の生活。

そして、我が身に起こっている諸々の症状が
見事に低血糖症の症状にあてはるという状況

ところで、この低血糖症の恐ろしいところは
とにかく甘いものが欲しくなるので
気をつけないと、より甘いものを
たくさん食べるようになってしまうということ。

そして、そうやって症状が進んでいくと、当然その先は

糖尿病

に繋がっていくわけです。

これはまあ、さすがにヤバイってことはみなさんわかりますよね。

で、じゃあこれを改善するにはどうすればいいか


そう、そこでたまたま見つけたのが本ブログで紹介している

「糖質制限食」

だったというわけなんです。

で、この糖質制限食という食事方法が
ダイエットも効果があるらしいということだったので、
それなら一石二鳥とばかりに、いっちょやってみるか、となったわけであります。

それで現在のところ、なんとまあ1月以上も続いていると。
※短いと思うアナタ。言っときますけど、私は極度の三日坊主体質なんですよっ
 ダイエットで1ヶ月も継続できるって、コレはもう奇跡のレベルなんですからねっ!!



ではなぜ、スーパー三日坊主の私が糖質制限ダイエットを継続できたのか?
これについては、ちょっと長くなってしまったので、
また次回、お話することにします。


↓↓↓人気ブログランキングに参加しました。ポチってくれたら悶死します↓↓↓

人気ブログランキングへ